デイサービスや老人ホームにはどんな服を持っていけば良い?選び方のポイントをご紹介

デイサービスや老人ホームなどの介護施設に入居するときにどんな服をもっていけばよいかお悩みではありませんか?

介護施設での生活におすすめの服装は在宅介護にも適しています。入居前の準備の不安の解消や普段の生活を快適に送るためにも介護にふさわしい衣服を知っておきたいところです。

着やすさや素材、体温調整など高齢者の衣類選びは気にするポイントがいくつかありますのでこちらの記事でご紹介します。

老人ホームで着る服の選び方のポイント

ハンガーにかかった洋服

着替えやすい服を選びましょう

高齢になると、筋力の低下で握力が落ちてきたり、関節が硬くなって腕が上げづらくなります。身体が思うように動かすことが難しいと着替えも一苦労です。楽に脱ぎ着ができる服を選びましょう。

着替えがしやすい服のポイント

  • ストレッチ素材など伸縮性のある素材の服
  • ウエストや裾がゴムのズボン
  • 上衣は前開きでゆったりとしたもの、アームホールが広いもの

伸びない素材の服は脱ぎ着の際に体の負担が多くなります。ストレッチ性のある素材なら着替えのときの動きも制限されません。肌が弱い方は、綿100%は肌触りが良いですが伸縮性がないので伸びが良く柔らかい素材の服もありますので着心地が良く着替えのしやすい服を選びましょう。

ズボンの裾はゴムなどで絞り気味のものがおすすめです。裾が絞られていないものは足を通した後に裾が落ちてきて足先に引っかかってしまう可能性があります。着替えの時だけではなく、裾が絞ってないと裾を踏んで転倒する危険もありますので注意しましょう。
裾が足首で止まっていればトイレで床につく心配もありません。

前開きの上衣は介護用品のシャツや肌着にも多く見られるタイプで、服選びで押さえておきたいポイントです。さらにアームホールが広く肩幅もゆったりとしたものは肩や腕が動かしづらい方でも楽に着替えができます。アームホールにゆとりがあれば服を動かせるので上衣の着替えで大変な腕を通すという動作が最小限で済み、袖を通すのに一苦労という場面を減らすことができます。

体温調節のしやすい服を選びましょう

雪の結晶

暑いのに「寒い」と言ったりエアコンを付けない高齢者に疑問を持ったことはありませんか?高齢者は体温調節に関わる生理機能が低下し、寒さや暑さに適応することが苦手になってきます。特に、基礎代謝が落ちてきたり脂肪が少なくなったりと寒さを感じやすくなります。だからといって重ね着をしすぎると通気性が悪くなり汗をかいて風邪をひく恐れもあります。老人ホームやデイサービスで着る衣服を選ぶときは保温性が重要なポイントです。

冬用のあったかインナーは吸水性も良く薄くて暖かいので肌着や下着にもおすすめです。

高齢者の中には節電の意識が高い方も多く、年齢とともに皮膚の温度感覚が低下することもあり、エアコンを嫌う方も少なくありません。老人ホームなどの介護施設にいれば施設で空調は設定してくれますが、特に夏場は周囲の人が室温を調整したり通気性の良い服を選ぶなどして暑さ対策をしましょう。

要介護者の着たいという気持ちに寄り添う

ハンガーにかかった洋服

介護施設での衣服を選ぶポイントをご紹介しましたが、機能性だけでなく、着る人の要望も気に掛けることが大切です。男性でも女性でも見た目にこだわる方は少なくありません。老人ホームなどではレクリエーションや買い物のイベントがあったり、散歩など外出のある行事を行う施設もあります。そのときに季節に合わせたおしゃれ着や外出着があるとご本人の気持ちも晴れやかになることでしょう。

デイサービスや老人ホームで着る衣類には名前付けが必須

老人ホームなどの施設では洗濯をするサービスがあります。万が一の紛失や他の利用者との取り間違いを防ぐためにも衣類への名前付けは忘れずにしましょう。

名前付けには洗濯に強いお名前シールがおすすめ

介護施設では衛生管理の観点からしっかり汚れを落とすことができる業務用洗濯機を使用します。高温のお湯で洗濯するので洗浄力が高いのですが、マジックで書いた名前が薄くなったりにじんでしまいます。

そんな介護施設での衣類の名前付けにおすすめなのがお名前シールSTOREの介護用名前シールです!業務用洗濯機150回の洗濯テストでもはがれず印字も薄くならないという結果が出ています。

高齢者や敏感肌の方でも安心

マイクロファイバーを使用したきめ細かく薄くて柔らかい布でできたシールなので、肌着につけても違和感が少なくチクチクかゆくなりません。

お客様の声をいくつかご紹介します。

  • 2度めの購入です。施設に入所している父の衣類に貼っています。前回分は8か月近く経ちますが、全く剥がれていません。アイロンさえあれば、簡単に貼れるので、重宝しています。
  • 介護ショートステイする母親の衣類に使うため注文。とっても素敵な希望通りの名前シールが即日届きました。剥がれにくい面取りもされてます。介護施設スタッフや家族の必要としている事をわかってらっしゃる名前シールでした。大変満足しています。

お名前シールは余裕を持った枚数を用意しましょう

デイサービスや老人ホームなどで着る衣服は利用し始めたら介護に合わないと分かったり、入居後でも新たに必要になることが少なくありません。服と肌着と靴下、タオルなどにも名前付けは必須ですので余裕をもった枚数のお名前シールを用意することをおすすめします。

お名前シールのご注文はこちら

介護施設での服選びはポイントを押さえて

「着替えやすさ」「体温調節のしやすさ」「介護のしやすさ」のポイントを押さえて服選びをすれば介護施設の生活を快適にすることができます。素材や着心地が良いことで要介護者が体を動かすことへの抵抗が薄くなったり、介助する人の負担も軽減されます。ご本人の気持ちを明るくするという点ではお気に入りのアイテムを取り入れたり気分の上がるおしゃれ着もあると介護生活がより楽しいものになるかもしれません。